コラム:カンテの基礎知識

  ほぼ週一で更新中。現在、46のコラムがあります。 

 フラメンコの基礎知識 


 (12)カンテとバイレの関係<バイレの歴史1>  
                 2018年11月18日アップ 

カンテとバイレの関係の続きです。今回はバイレの歴史についてお話ししたいと思います。


 (11)カンテとバイレの関係<カンテギターとの合わせ3>  
                 2018年11月11日アップ 

カンテとバイレの関係の続きです。今回は群舞やレッスン用の振り付けに関して説明しています。


 (10)カンテとバイレの関係<カンテギターとの合わせ2>  
                 2018年11月4日アップ 

カンテとバイレの関係の続きです。実際の振り付けのどの部分を合わせるのか、そのあたりに入っています。


 (9)カンテとバイレの関係<カンテギターとの合わせ1>  
                 2018年10月28日アップ 

カンテとバイレの関係の続きです。今回は踊り手さんが一人で作った振り付けを、実際にカンテ、ギターと合わせてみる・・・


 (8)カンテとバイレの関係
   <歌振りのイメージに合わせて足や導入部を作る>   
                 2018年10月21日アップ 

カンテとバイレの関係の続きです。今回は歌振りのイメージに合わせて足や導入部を作るです。前回のカンテさんに歌ってもらった録音を聞きながら・・・


 (7)カンテとバイレの関係
   <録音を聞きながら歌振りのイメージを膨らませる>   
                 2018年10月14日アップ 

カンテとバイレの関係の続きです。今回はカンテさんに歌ってもらった録音を聞きながら、振りのイメージを作っていく過程をご紹介しています。この場合振り付けは・・・


 (6)カンテとバイレの関係<カンテとの最初の合わせ>   
                 2018年10月7日アップ 

カンテとバイレの関係の続きです。今回は実際にカンテさんとの合わせについて、具体的にご説明したいと思います。バイレさんにとっては緊張するかもしれませんが・・・


 (5)カンテとバイレの関係<曲種の決め方>   
                 2018年9月30日アップ 

前回のカンテとバイレの関係の続きです。今回は曲種の決め方についてお話ししたいと思います。ところで、バイレの曲種ってどうやって分類しているのか、ご存知ですか?


 (4)カンテとバイレの関係   2018年9月25日アップ 

今回は生徒からの質問も多いカンテとバイレの関係についてお話したいと思います。
まず、スペインでの一般的なバイレの振り付けの作り方から、段階を追って解説しましょう。どの段階でカンテさんが入るのか、、、


 (3)パロって?つづき   2018年1月1日アップ 

前回はパロ(曲種)の全体的な概念について、お話ししました。
各パロ(曲種)には、いくつかのメロディが含まれていて、そのメロディの数はパロ(曲種)によって違うというところまで、ご紹介したと思います。
さて、ここで問題になるのは、このメロディ(スペイン語ではエスティーロ)と


 (2)パロって?   2017年12月25日アップ 

フラメンコに興味を持った人すべてを悩ませるのが、このパロ(曲種)ではないでしょうか?
 フラメンコ以外のジャンルの音楽には、このパロ(曲種)っていう考え方はないので、色々と誤解、、、


 (1)フラメンコって?   2017年12月18日アップ 

まず最初に、一番大事な言葉、フラメンコをご紹介したいと思います。
西和辞典でフラメンコ(flamenco)と引くと、いろいろな意味が載っているって知ってますか?
たとえば、動物園にいるピンクの鳥フラミンゴも、、、


各パロ(曲種)ごとの表現


(20)タランタ  2018年9月9日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の20回目です。
今回はタランタを取り上げたいと思います。タランタはタラントの、、、


(19)マラゲーニャ  2018年9月2日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の19回目です。
今回はフラメンコで一番重要な曲を取り上げたいと思います。マラゲーニャは、、、


(18)グラナイーナ  2018年8月26日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の18回目です。
今回も比較的上級者向けの曲種を取り上げたいと思います。グラナイーナは、、、


(17)カルタヘネラ  2018年8月19日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の17回目です。
今回も比較的上級者向けの曲種を取り上げたいと思います。カルタヘネラはタラントと同じレバンテ系のカンテで、、、


(16)ペテネーラ  2018年8月12日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の16回目です。
今回から少し上級者向けの曲種を取り上げたいと思います。ペテネーラは上級者向けのカンテお中でも特にメロディの美しさが、、、


(15)タンゴ  2018年8月5日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の15回目です。
前回のブレリアでもタンゴの話しが出て来たんですけど、フラメンコの曲種の中でも、ブレリアとタンゴは特殊な考え方をします、、、


(14)ブレリア  2018年7月29日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の14回目です。
今回はもしかして日本で一番人気のあるフラメンコの曲種かもなブレリアを取り上げます。ブレリアはフラメンコなんですけど、他の曲種とはちょっと違って、、、


(13)セビジャーナス  2018年7月24日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の13回目です。
今回はもしかして日本で一番有名なスペインの歌かも?のセビジャーナスを取り上げましょう。もちろん、セビジャーナスはフラメンコじゃありません。っていうか毎年多くの曲がリリースされる流行歌の1ジャンル、、、


(12)タンギージョ  2018年7月15日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の12回目です。
今回はカディスの陽気な雰囲気たっぷりのタンギージョを取り上げます。実はこのタンギージョ、ファンダンゴ・デ・ウエルバと同じようにフラメンコでは、、、


(11)ファンダンゴ・デ・ウエルバ  2018年7月8日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の11回目です。
今回はバイレ教室の初心者クラスでもよく取り上げられるファンダンゴ・デ・ウエルバを取り上げます。実はこのファンダンゴ・デ・ウエルバを取り上げますはフラメンコでは、、、


(10)タラント  2018年7月1日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の10回目です。
10回目はタラントを取り上げましょう。日本でもかなり上級者が踊ると思われている曲ですが、スペインでもカンテ、バイレともに難曲とされ、、、


(9)アレグリアス  2018年6月24日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の9回目です。
9回目はアレグリアスです。明るい曲の代表として人気も高いのですが、実は難易度もかなり高く、、、


(8)シギリージャ  2018年6月10日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の8回目です。
8回目はシギリージャです。ソレアと同じ暗い系なんですが、救いようのない悲しみや苦しみを、、、


(7)カーニャ  2018年6月3日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の7回目です。
7回目はソレア系のカーニャです。同じソレアの仲間なんですが、ラメンテがあるのが特徴です。


(6)ソレア  2018年5月27日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の6回目です。
6回目は日本ではもしかして一番の人気曲かもなソレアをご紹介します。


(5)カラコレス  2018年5月20日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の5回目です。
5回目はカラコレ~という売り声で有名なカラコレスをご紹介します。


(4)ファルーカ  2018年5月13日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の4回目です。
4回目は雄大なラメンテが魅力のファルーカをご紹介します。


(3)ティエント  2018年5月6日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の3回目です。
3回目は暗い目の曲では一番初心者向きのティエントをご紹介します。


(2)グアヒーラ  2018年4月29日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の2回目です。
2回目は人気曲のグアヒーラをご紹介します。グアヒーラという言葉の意味から、、、


(1)ガロティン  2018年4月22日 アップ

各パロ(曲種)ごとの表現の1回目です。
フラメンコのカンテは、どれも同じように歌われている訳ではなく、曲種ごとに歌い方に大きく違いがあるんです。今回は、まずガロティンをご紹介します。


フラメンコのコツ


(2)パルマの基本2  2018年4月15日 アップ

フラメンコのコツの2回目です。
フラメンコの実技を上達させるちょっとした練習のコツをご紹介するこのコーナー。
今回もパルマの簡単なトレーニングをご紹介します。


(1)パルマの基本  2018年4月8日 アップ

フラメンコのコツの1回目です。
フラメンコの実技を上達させるちょっとした練習のコツをご紹介するこのコーナー。初回はみなさんからご質問の多いパルマを取り上げました。


簡単ボイトレ 


(12)スペイン語らしい発音のコツ:子音2  2018年4月1日 

(11)スペイン語らしい発音のコツ:子音  2018年3月25日 

1人でできる簡単ボイトレの11回目です。
前回とりあげたスペイン語らしい発音のコツでは、母音の練習方法をお話ししました。
今日は子音のお話しをしたいと思います。


(10)スペイン語らしい発音のコツ  2018年3月18日アップ 

1人でできる簡単ボイトレの10回目です。
音程よく、リズムもばっちりで歌えても、スペイン語の発音がいまひとつでは、なんかカッコ悪いカンテになってしまうと思いませんか?


(9)音程がよくなるコツ  2018年3月11日アップ 

1人でできる簡単ボイトレの9回目です。
今回はとうとう音程を取り上げちゃいますよ。音程でお悩みの方って、本当に多いと思います。実はこの私も、大学時代はだいぶ音程に苦しんだんです。


(8)舌のトレーニング  2018年2月25日アップ 

1人でできる簡単ボイトレの8回目です。
今回は滑舌をよくするための、舌のトレーニングです。
滑舌よく歌いましょう、と言うと、多くの方は唇を一生懸命動かして歌おうとします。


(7)息継ぎのコツ  2018年2月18日アップ 

1人でできる簡単ボイトレの7回目です。
今回は息継ぎについて。
以前、息を長く続かせるコツを説明しました。息が長く続けば、息継ぎは特に問題ないと思うんですけど、でも、カンテにはとっても長ーーーいフレーズもあって、


(6)滑舌がよくするには?の2 2018年2月11日アップ 

1人でできる簡単ボイトレの6回目です。
今回も前回に続いて滑舌(かつぜつ)のお話しです。前回はくちびるをぷるぷるさせて、顔や口の緊張を取るトレーニングをしました。今回は口の内、舌と喉の筋肉の緊張を取るトレーニングをご紹介しましょう。


(5)滑舌をよくするには? 2018年2月4日アップ 

1人でできる簡単ボイトレの5回目です。
今回は滑舌(かつぜつ)について少しお話ししたいと思います。自分の歌を聞いてくれる人に、何を言っているのかわからないって言われること


(4)大きな声が出るようになるには? 2018年1月28日アップ 

1人でできる簡単ボイトレの4回目です。
今回も多くの方からご相談を頂いた、大きな声がでないというお悩みに、簡単な方法でお答えしたいと思います。


(3)声が長く続くようになるには?の2 2018年1月21日アップ 

1人でできる簡単ボイトレの3回目です。
前回も簡単に声が続くようになるコツをご紹介したんですが、もうちょっとだけ長く続いてほしいと思う人の為に、今すぐできる方法をもうひとつお教えしたいと思います。


(2)声が長く続くようになるには?   2018年1月14日アップ 

1人でできる簡単ボイトレの2回目です。
これも多くの方から聞くお悩みです。”声が続かないんですけど、肺活量のあげ方を教えてください。”
さて、ここで質問です。声が長く続く = 肺活量が多いと思ってはいませんか?


(1)高い声を出しやすくするには?   2018年1月7日アップ 

1人でできる簡単ボイトレの1回目です。
フラメンコのカンテに限らず、高い声が出にくいというお悩みをお持ちの方は多いと思います。正しい発声練習をすれば、高い声も少しずつ出るようになるのですが、、、


カンテデンランヒータ
カンテデナランヒータ
 
カンテデナランヒータ
 
カンテデナランヒータ
 
カンテデナランヒータ