コラム
カンテの基礎知識

 
フラメンコの基礎知識 
(17)フラメンコとキリスト教<ヒターノの宗教って?>

2019年1月6日アップ

 
お正月明けて最初のコラムは
フラメンコとキリスト教について取り上げたいと思います。
 
今では、さすがにヒターノの信じる宗教を間違える人はいないと思いますが、
ちょっと前まで、日本ではヒターノは独自の原始的な宗教を持ってると
誤解される方が結構いらしたんです。
(アンダルシアのヒターノの宗教はもちろんキリスト教のカトリックです。)
 
でも、15世紀にヒターノがスペインはアンダルシアにやってきた時には、
すでにキリスト教(カトリックだったかどうかは不明)を
信じていたことがわかっています。
 
もちろん、ヒターノは北西インドをルーツにしていますから、
最初からキリスト教の信者だったとは考えられません。
北西インドから、膨大な時間をかけてアジアを旅し、
その後ヨーロッパに入ったことはわかっているのですが、
どの段階でキリスト教に出会ったのでしょうか?
 
ヒターノがアジアを北に向かって旅をして、今でいうロシアについた頃には、
ロシアはすでにある種のキリスト教が存在したと思われます。
 
もちろん、今から1000年くらい(それ以上?)前の事ですから、
現在の形(ロシア正教など)とは全く違うでしょうね。
 
ヒターノ達はロシアを回り、その後東欧に入った事はわかっているのですが、
東欧にもその頃にはキリスト教が存在していたと言われています。
 
ただ、ヨーロッパの中でも、
15世紀までキリスト教以外の宗教がメインだったのが、
スペインのアンダルシア地方なんです。
 
グラナダに首都があったイスラム系の国家がほろび、
キリスト教(カトリック)の国になったの1492年。
 
ヒターノがアンダルシアに到着したのは15世紀初頭と言われていますから、
アンダルシアにやってきた当時はイスラム教の国だったんですね。
 
ヒターノがアンダルシアに多く住みつくようになったのは、
キリスト教を信じるヒターノと、
イスラム教だった当時のアンダルシアの政府との、
宗教のねじれ現象に秘密があると言われています。
 
注)スペインでは、
  キリスト教の中でもカトリックが主に信じられていますが、 
  キリスト教には他にもいろいろな宗派があります。
  ちなみに、日本ではカトリックよりも新しい宗派の
  プロテスタントの信者が一番多く、
  お隣りの韓国ではスペインと同じくカトリックが主流です。
  国により、地方により、どの宗派が主に信じられているかはさまざまで、
  伝来の時期や、歴史的、政治的な背景により変わることが多いようです。
   もちろん、日本にも数はそこまで多くはないんですが、
  スペインと同じくカトリックの信者もいらっしゃいます。
  (元総理の麻生太郎さんや、将棋の加藤一二三さんが有名ですね。)
 
<最新のコラムはメルマガでもお読み頂けます。
<ご希望の方はメルマガ登録フォームからご登録ください。

 
お正月明けて最初のコラムは、フラメンコとキリスト教について取り上げたいと思います。
 


 
今では、さすがにヒターノの信じる宗教を間違える人はいないと思いますが、ちょっと前まで、日本ではヒターノは独自の原始的な宗教を持ってると誤解される方が結構いらしたんです。
(アンダルシアのヒターノの宗教は、もちろんキリスト教のカトリックです。)
 


 
でも、15世紀にヒターノがスペインはアンダルシアにやってきた時には、すでにキリスト教(カトリックだったかどうかは不明)を信じていたことがわかっています。
 


 
もちろん、ヒターノは北西インドをルーツにしていますから、最初からキリスト教の信者だったとは考えられません。北西インドから、膨大な時間をかけてアジアを旅し、その後ヨーロッパに入ったことはわかっているのですが、どの段階でキリスト教に出会ったのでしょうか?
 


 
ヒターノがアジアを北に向かって旅をして、今でいうロシアについた頃には、ロシアはすでにある種のキリスト教が存在したと思われます。
 
もちろん、今から1000年くらい(それ以上?)前の事ですから、現在の形(ロシア正教など)とは全く違うでしょうね。
 


 
ヒターノ達はロシアを回り、その後東欧に入った事はわかっているのですが、東欧にもその頃にはキリスト教が存在していたと言われています。
 


 
ただ、ヨーロッパの中でも、15世紀までキリスト教以外の宗教がメインだったのが、スペインのアンダルシア地方なんです。
 


 
グラナダに首都があったイスラム系の国家がほろび、キリスト教(カトリック)の国になったの1492年。
 
ヒターノがアンダルシアに到着したのは15世紀初頭と言われていますから、アンダルシアにやってきた当時はイスラム教の国だったんですね。
 


 
ヒターノがアンダルシアに多く住みつくようになったのは、キリスト教を信じるヒターノと、イスラム教だった当時のアンダルシアの政府との、宗教のねじれ現象に秘密があると言われています。
 


 
注)スペインでは、キリスト教の中でもカトリックが主に信じられていますが、キリスト教には他にもいろいろな宗派があります。ちなみに、日本ではカトリックよりも新しい宗派のプロテスタントの信者が一番多く、お隣りの韓国ではスペインと同じくカトリックが主流です。
 
国により、地方により、どの宗派が主に信じられているかはさまざまで、伝来の時期や、歴史的、政治的な背景により変わることが多いようです。
もちろん、日本にも数はそこまで多くはないんですが、スペインと同じくカトリックの信者もいらっしゃいます。(元総理の麻生太郎さんや、将棋の加藤一二三さんが有名ですね。)
 
 
<最新のコラムはメルマガでもお読み頂けます。
<ご希望の方はメルマガ登録フォームからご登録ください。

カンテデンランヒータ
カンテデナランヒータ
 
カンテデナランヒータ
 
カンテデナランヒータ